読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまゆり園の事件

 こんばんは。

 先日やまゆり園という障害者施設で痛ましい事件が起きてしまいました。私にも施設に入所している知的障害者の兄がいるので心穏やかではありません。

 とても残忍で冷淡な供述内容が報道されていますが、障害者の家族が直面する問題の本質を突いていてゾッとします。容疑者の根本的な思想は間違ってるし、人として許せないんだけど。

 でもね、障害者の兄を残して死ななければならない親の気持ち、障害者の兄弟として差別された過去、将来待つであろう介護、お金のこと。考えただけで少し憂うつになります。障害者の兄弟がいることで、婚約が破談になった知人もいます。

 障害者本人が一番辛く、好きで障害を持ったわけで無いことは百も承知です。でも綺麗事では済まされない現実があります。

 

 きっと容疑者はそれを間違った形で感じ取ってしまった。間違った正義感で暴走したのだろうと思います。その気持ちを別の形で表現していたら、救われた人がいたかもしれないと...ふと思いました。

 私たち家族は哀れみとか同情が欲しい訳じゃない。まずは現実を知ってほしい、欲を言えば、沢山の助けを借りなければ本人が生きていけないことを理解して欲しい。お金の面も含めて(汗)

 動物の世界と人間社会の違いは、弱いものも生きていけるよう守り助け合うことだと思います。

 今回の事件は邪魔な者は消せばいい的な発想で起こったのでとても悲しいです。被害者の方々のご冥福を心よりお祈り致します。

 尚、一部の表現が容疑者を擁護しているように受け取られるかもしれませんが、犯罪者を擁護している訳ではありません。不快に思われる方がいたら申し訳ありません。

 

 長文、乱文ですが最後までお読み頂きありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。